赤ちゃんにも大敵!これからの「乾燥」対策


%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e3%81%95%e3%82%93%ef%bd%97%ef%bd%85%ef%bd%82%e7%94%a8

こんにちは!京都市で唯一保育士さんがいる整体院、

ときわ整体院のフロントスタッフ山本です。

最近、だんだんと寒くなってきていますね!

寒くなってくると気になり始めるのが「乾燥」です。

乾燥」は私たちに色々な影響を及ぼします。鼻や喉が乾燥すると風邪をひきやすくなったり、

髪の毛が乾燥して痛んだり、お肌も荒れやすくシミ・しわ・ニキビの原因になったりもします。

 

また、赤ちゃんにとっても乾燥は大敵です。

実は、赤ちゃんの肌が水分・皮脂共にうるおいたっぷりなのは新生児期のみで、生後2ヶ月を

過ぎると赤ちゃんの肌の皮脂量は大人の1/2以下、水分量は大人の2/3になると言われています。

ということは、赤ちゃんの肌は大人よりも乾燥しやすく、しかも、赤ちゃんは肌のバリア機能も

未熟なため水分が蒸発しやすく乾燥肌になりがちなのです。乾燥肌になると外界からの刺激に

敏感になるため、肌も荒れやすくなるという事もあって、赤ちゃんには私たち以上に保湿が

重要となってきます。

baby_powder_smile

保湿の方法としては、

洗濯物を室内に干す・洗面器、コップなどに水を入れて置いておく・

濡れたタオルを干す…等、簡単に乾燥を防ぐ方法があります!

また加湿器などで部屋を保湿することも一つの方法です。最近では、アロマを楽しみながら

加湿できるものも増えてきており、加湿しながらリラックスできる空間を作り出せますね!

 

また赤ちゃんの乾燥肌予防として、

①肌を清潔に保つ ②お風呂上りはすぐに保湿する

③肌触りのいい衣類をつける ④湿度に気を付ける といったことがあげられます。

湿度は常に50%を目安としておくと良いと言われていますので、上手に湿度を調整して快適な生活を送りたいですね!

 

これからの季節、乾燥に負けず、元気に生活していきましょう♪

京都市・西京区・中京区・右京区の皆さん!

当院では保育士さんが常駐していますのでお様連れでも

安心して産後の骨盤矯正が受けられます。

育児に関する事も是非保育士さんにご相談下さい

image001

image029