腹筋運動してお腹は凹まなかった・・・なぜなら・・・


腹筋

こんにちは京都で産後の骨盤矯正専門のときわ整体院です。

今日は腹筋運動についてお伝えします。

皆さんお腹がたるんでくると思いつくのは何ですか?

「ダイエットをしている!」

という人に限って「ウエストを細くするために、寝る前に毎日腹筋をやってるんです!」と自信たっぷりに言う人が多いのですが、残念ながら腹筋運動ではお腹が凹むという事はありません。

おなかが出る原因は、猫背のような姿勢の崩れ、あと「内臓脂肪」です。そして腹筋運動は文字通り「腹筋という筋肉を鍛える運動」ですね。

腹筋を鍛えて肥大させるには必要な運動ですが、おなかの部分の内臓脂肪が落ちる事はない、という点をしっかり覚えておいてください。

内臓脂肪を落とさないまま腹筋を付けるとどうなりますか?

筋肉はつきますが、そのまま太くなりどっしり体型になります・・・泣

整体 骨盤矯正京都

内臓脂肪は糖質の摂り過ぎが原因です。糖質+脂質、糖質+アルコールといった脂肪合成がされやすい食生活を続けていれば必然的に内臓脂肪が増えてお腹がでてきます。

ですから、やはり食事のコントロールする事が大切です!

覚えていますか?この前のブログです。

そうです。

「マゴワヤサシイ」の食事です。

この食事を心がける事で内臓脂肪は減らしていく事ができます。

先日ネットからのご予約で

「今の自分を変えたいです。産後体重が増加し、全く体重が減る気配がありません。」

というメッセージ付きで予約が入りました。

体重の増加した姿はやはり本来の自分ではないですね。

人間の体は姿勢や食事内容で細胞から本来の身体に変える事ができます。

乱れた姿勢や食生活は本来の自分と違う姿に変えてしまうんですね。