産後の腰痛はなぜ起こる??


島田2-iloveimg-converted

こんにちは!京都市で唯一保育士さんのいる整体院、治療師の島田です。

今回は、多くの産後のママさんがお悩みになっている、産後の腰痛についてなぜ起こるのかを一部ですがお伝えします。

靭帯がゆるむ

妊娠中から産後にかけて、リラキシンというホルモンが分泌されます。そのホルモンが体の靭帯をゆるめます(出産時に赤ちゃんが産道を通りやすくするため)。 ゆるむ部位は、骨盤の恥骨結合を固定する靭帯と仙腸関節を固定する靭帯などです。靭帯がゆるむと関節が動きが制限されにくくなり、体の支えが不安定になります。その不安定さを腰の筋肉や靭帯で支えようとするため腰痛が起こります。

骨盤が歪む

先ほどの話の続きになりますが、靭帯がゆるんで開いた骨盤は、歪みやすい状態になっています。そのため、妊娠前からすでに歪んでいる場合はもちろん、出産時に歪んでしまうことが多くあります。歪んだ骨盤は自ら戻れないため、歪んでいるかぎり、周辺の筋肉や骨に負担がかかり、腰痛が起こります。

「産後 腰痛」の画像検索結果

他にも赤ちゃんを抱っこする、授乳をするなど、今まで使ってなかった筋肉を長時間使うようになると、負担がかかって痛みが起こりやすくなります。さらに、慣れない赤ちゃんの世話で肉体的、精神的にストレスを抱えると、神経や筋肉に影響が及び、腰痛が起こることもあります。

今回紹介したのも一部ですが、産後腰痛になる原因はいろいろ考えられます。つまり産後は腰痛にに限らずいろいろな所に痛みが出てくるのも当然であると考えています。

当院の産後骨盤矯正では腰痛のお悩みはもちろんあらゆる産後のお悩みに対しても解決していきます。一度相談してみてください!!

産後骨盤矯正ページリンク