梅雨の時期に体調を崩すのはなぜ?


dsc_1683

こんにちは!ときわ整体院の田村です!

6月に入りましたが、これから梅雨本番になります。

梅雨の時期は雨の日が続きじめじめとしたり、洗濯物が乾きにくかったりと

気分が落ち込みますよね。

post-img_2013-05_b-04

毎年この時期になると、お身体が辛かったり、

何をするにもやる気がでなかったりしませんか?

そこで、梅雨の時期に体調を崩す3つの主な原因を紹介します!

 

1、湿度による変化

身体には、正常な水分量というものがあり、その水分量が増えると

身体に悪影響を及ぼします。

特に湿度の影響は大きいので、対策としては、軽い運動をすることによって

発汗するので体内の余計な水分を出すことができます。

 

2、気圧による変化

梅雨の時期は気圧が下がります。

すると、身体の内圧が上がり、膨張する感じが出てきます。

特に、膝や足関節、腰や頚の椎間板、頭蓋骨は、中が空洞になっているため

その影響を受けやすいです。

ですので、雨が降った時に腰が痛いや膝が痛い、頭が痛いという方が出てくるのです。

対策としては、運動により適度に身体を動かし関節の内圧を下げる効果があります。

 

3、ホルモンの問題

ここでは、セロトニンについてお話しをします。

セロトニンの役割として、

気分をスッキリさせる!自律神経を調節する!

痛みをコントロールする!などの作用があります。

このセロトニンは、日光に浴びことによって増やすことが出来ますが

その日光が梅雨の時期だとどうしても減りますよね?

ですので、気分がすぐれなかったりする方が増えてきます。

お天気のいい日はなるべく外に出て、短時間でもいいので日光に浴びるようにしましょう!

 

お身体でお悩みの方は

ときわ整体院へご相談ください!

 

整体・骨盤矯正相談フォーム

骨盤矯正予約フォーム