「暑い夏を乗り切る育児のコツ」とは?


IMG_3105

こんにちは!ときわ整体院です!

 

気温が上がり、どんどん夏が近づいてきましたね!

 

今回のブログは、

暑い夏を乗り切る育児のコツ

をテーマにしてお伝えします!

 

夏の育児を乗り切るには3つの大きなポイントがあります。

暑さ、陽射し、虫よけ

特に暑さはあせもの原因にもなるけれど、

クーラーの効きすぎた場所もあるので、体温調節に気を使うべきです。

テーマに沿って、実際に工夫しているお声をまとめてみました。

ぜひ、参考にしてみて下さい!

 

・あせも、おむつかぶれ対策


ママたちが最も気を使っているのがあせも対策。

こまめに汗を拭く

着替えをさせる

という基本なことから、

シャワーや水浴びを頻繁にさせたり、

授乳時にママと触れる部分にガーゼやタオルをはさむ など

全方位的に工夫が必要ですね。

 

・体温調整


暑いからと言って、ただ冷やせばいいというわけでもないのも悩みどころ。

あせも予防にはクーラーを使いたくても、

赤ちゃんにはあまりエアコンを使いたくないというお声も多数。

うちわ扇風機を活用する人も。

寝冷え防止に腹巻きスリーパーを使用したり、

外出先での温度変化のために、

羽織物レッグウォーマーを持参している方も多数いました。

 

虫よけ対策


虫よけには、

赤ちゃんに直接塗るもの

部屋全体に近寄らない蚊取り器 などありますが、

化学的なものを避けて

虫よけ効果のあるアロマオイルを使っている人も。

 

日焼け対策


日焼け対策は

あせもとともにママたちが気を使う事柄ですが、

ベビーカーからはみだしてしまう足などをタオルで覆うなど、

直接日光が当たらないよう工夫をされている方が多いです。

 

その他対策


暑さ、陽射しの両方の対策として、

お出かけ時間午前中の早めにしたり、

夕方にしている人が多いほか、

宅配などを利用してなるべく外出せずにすむ工夫をしている人も。

また、熱中症対策の必須事項である水分補給もこまめにしているようです。

 

お子様のために色々と工夫をして、

暑い夏を乗り越えれるように準備をしていきましょう!

 

 

妊娠、出産の骨盤や身体について

お悩みのある方は、

右京区常盤にあるときわ整体院までご連絡ください!

骨盤矯正予約フォーム