妊娠中の夏の注意点!!!


島崎さん2

みなさんこんにちは!

暑い日が続きますね!

 

 

サマーシーズンが到来!となれば、出産前でも季節を

思いっきり楽しみたいものの、注意しなければならない点も・・・。

そこで、妊娠中の夏の過ごし方について、産婦人科の先生に聞きました!

 

 

「夏は日焼けが気になる季節です。妊娠中は女性ホルモンの影響などで、

肌が敏感になっています。日焼けをするとシミやホクロなどのトラブル

なりかねません。日光浴をしたいときは、日焼けクリームを塗ったり帽子を

かぶったりして、日焼けし過ぎないようにしてください。その際の日焼け止め

クリームは、例年使用している肌に合ったタイプが良いですね。

SPF値が高すぎるものはかぶれを起こしやすいため、SPF値30~40程度

のものがオススメです。家族で海に行くときも、ラッシュガードや日焼け止め

くりーむで日焼けを防いでください。海に入るのは、からだを冷やしてしまう事や

日焼けあとのトラブルも心配なので避けていただきたいですね」

 

 

ほかにNG行動は???

 

 

「急に体温を上下させる水風呂サウナはダメ。胎児はお母さんの血液

から栄養を受け取っています。お母さんの血液温度が上下することで、

胎児の体温も急に上下してしまいます。また、肩出しファッションをしていると、

外を歩いているときは良くても、デパートなどに入るとエアコンで急にからだが

冷えてしまいます。基本的に、食べ過ぎ冷やし過ぎなど何かを過剰にし過ぎる

行動を避けつつ、ストレスをためないのが妊婦さんの正しい夏の過ごし方です」

 

 

 

更に、夏のQ&A

 

Q:ホラー映画は見ていいの???

A:もともとホラー映画が好きでストレス発散になれば、問題ありません。

お母さんが楽しんでいるのは伝わるので、赤ちゃんも嬉しいはずです♪

 

 

Q:炭酸飲料をがぶ飲みしたいけど・・・?

A:糖分の摂り過ぎは妊娠糖尿病を招く恐れがあるので、コーラやサイダーの

飲みすぎは困ります。またアイスクリームの食べ過ぎもNGです。

 

 

Q:旅行に行ってもいい?

A:妊娠16~30週くらいの安定した時期なら構いません。ただ、旅行前日に

体調が悪くなったときは、キャンセルする勇気を持ってください。

赤ちゃん守れるのはお母さんだけなのです。

 

 

 

皆さんいかがでしたか?

参考になりましたか?

暑い夏を楽しく健康に過ごせるようにしていきましょう♪

骨盤矯正質問フォーム