外気浴をご存知ですか??


248afbab4ed077414ae20773d6a0ab7f

こんにちは!京都市で唯一保育士さんのいる整体院、ときわ整体院です。

8月になり暑さが増してきていますがいかがお過ごしでしょうか!?

暑さでなかなか外出が億劫になっている方はおられませんか?

今回は外気浴(がいきよく)について説明します。是非読んで下さいね!!


外気浴とは・・・?

赤ちゃんに屋外の空気を触れさせるor吸わせることです。


いつはじめるの?

生後約3週間から外の空気に触れさせ、外出が可能な1ヶ月検診後から本格的に始めるのが理想です。

今の時期は温度が比較的低い午前中や夕方頃が良いです。


メリットは?

皮膚感覚の向上

体温調節・・・暑い時は熱を放散するなどの温度変化に対応する為の機能が 赤ちゃんは未熟な為、体温調節ができるトレーニングを行ないます。

保護能力・・・外からの細菌の侵入を防ぐ機能が皮膚にありますので、その保護能力を高めます。

排出能力・・・皮膚表面から汗、皮脂などの不要な物質を排出する能力を高めます。

保湿能力・・・皮膚からの水分の蒸発を防ぎ、肌に潤いを保つ能力を高めます。

呼吸器を鍛える

外に出て温かい,冷たい空気を吸う事で呼吸器が気温の変化に対応できるようにします。

生活のリズムを整える

昼間の外気に当たるで徐々に昼夜の区別がつき、生活にメリハリが出て、ぐっすり眠れるようになっていきます。

刺激を与える

外に出る事により、光を感じる、音を感じる、匂いを感じるなど新たな刺激を受け好奇心アップに繋がります。


外気浴の注意点

・赤ちゃんの体調を考慮する

・体温調節可能な服装にする

・なるべく人混みは避ける

・紫外線対策をして出る(詳しくは、前回のブログを参照)

・授乳、おむつ交換、睡眠時間は外出しない


以上を踏まえた上で無理のない外気浴を楽しんで下さい!

記事の内容以外にも何か質問があれば何でもご相談ください。

整体・骨盤矯正相談フォーム

 

骨盤矯正整体院初めての方フォームへ