季節の変わり目にはご用心!


IMG_3622

皆さん、こんにちは!

徐々に過ごしやすい気温になってきましたね!

ただ、季節の変わり目は

ちょっと油断すると危険な事があります!

今回は、

「季節の変わり目に多い悩み!

その悩みに対しての対策!」

を書いていきます!

 

 

 

お悩み①:体調を崩しやすい

季節の変わり目は日中と夜間の温度差があり、

急な変化に身体が対応できずに体調を崩しやすい人が目立ちます。

これは、大人だけではなく、子どもにも見られる特徴です。

寝る前に子どもの体温が高いからといって半袖1枚で寝かせずに、

もう1枚着せるなどして暖かくしておきましょう。

また、寝相が悪く布団を蹴り飛ばしてしまう子もいるので、

お腹を冷やさないように気をつけてください。

 

 

 

お悩み②:靴下ですべる

気温が下がると、室内でも靴下を履かせる機会が増えるでしょう。

動きまわる赤ちゃんが靴下を履いたまま転倒する室内事故が起こっています。

滑って頭を打つことがあるので、

室内では素足にしてあげることをオススメします。

遊ぶ場所にはジョイントマットを敷いておくと安心ですね♪

 

 

 

お悩み③:お風呂後のケア

 

湯冷め

夏と違い、いつまでも裸のままでいると冷えて風邪を引いてしまいます。

赤ちゃんの体が火照っているときには、肌着を着せて、

少し落ち着いてきたら上に一枚羽織るようにしましょう。

肌着も半袖タイプのものから徐々に長袖タイプに移行して、

体温が下がり過ぎないように気をつけたいですね。

 

 

パジャマ

明け方になるとぐっと気温が下がるため、

部屋の中の温度も肌寒くなることもあるでしょう。

大人の場合、毛布や布団などで体温調整できますが、

布団を蹴り飛ばしてしまう赤ちゃんや寝相が悪い赤ちゃんは

パジャマでしか体温を維持できなくなります。

お腹が冷えないように、パジャマの上をズボンの中に入れておきましょう。

お腹を冷やさない対策として、腹巻きをしてあげるのもいいですね。

手足の冷えが気になる場合には、

全身をカバーできる着ぐるみパジャマがオススメです。

 

 

 

 

参考になるところは、どんどん実践してください!

 

お身体でお悩みがある方は、

京都右京区で唯一保育士が常駐している

ときわ整体院までご連絡ください!

ときわ整体院のコンセプト

骨盤矯正予約フォーム