産後の骨盤ベルトの正しい巻き方!!


島崎さん2

こんにちは!

京都市右京区常盤にあるときわ整体院です!

 

出産をされてから、

開いてしまった骨盤が気になる!

骨盤のゆがみが気になる!

腰が痛い!恥骨が痛い!

などの理由で出産後から、

骨盤ベルトをされている方がおられると思います。

ただ、間違って骨盤ベルトをつけている方が多いです!

なので、ここで

骨盤ベルトの正しい巻き方をご紹介します!

 

まず、そもそも産後の骨盤ベルトの役割ってなんなのか?

骨盤ベルトは

産後で開いた骨盤がこれ以上開かないように!

不安定な骨盤を安定させる!

この役割が当てはまります。

ですので、骨盤ベルトを巻くだけでは、

骨盤の歪みは治らないので、その点は注意してくださいね!

 

骨盤ベルトの正しい巻き方

ポイントとなる骨は、

おへそからまっすぐ下におろすと当たる硬い骨⇒恥骨(ちこつ)

その恥骨から外側に

指をたどると当たる出っ張った太ももの骨⇒大転子(だいてんし)

この2つの骨、恥骨大転子のラインに沿って骨盤ベルトを巻きます。

巻くときは恥骨のあたりに

掌がすっと入る程度の余裕を持たせることがポイントです。

きつく巻くほど効果が出ると思われがちですが、

きつすぎると血流が悪くなり腰痛むくみの原因になります。

また、身体を動かしているとずれやすいので、

家事や散歩などをした後は、

定期的にずれていないかを確認してください。

 

以上が正しい骨盤ベルトの巻き方です。

 

骨盤ベルトだけでは、

骨盤の歪みはなかなか治りません。

産後の骨盤の開きや歪みが気になる方は、

ときわ整体院までご連絡ください!

 

治療メニュー

患者感想

京都市右京区常盤

電話