台風の時の運転に気をつける7つのポイント


8645

こんにちは

京都市右京区 嵐電常盤駅前から東に歩いてスグの

ときわ整体院です。

 

九月になり台風シーズンに入りましたね。

今年はすでに21号!本当に台風が多い年です。

しかも近畿に直撃コースで来ることが多いようです。

 

大荒れの天気の中で運転するのは怖いですよね。

今日は台風や豪雨の時に車の運転時に注意すべきことをお伝えします。

ちなみに晴天時に比べ荒天時の事故率は10倍になるそうです。

shizensaigai_typhoon

ではどんなことに気をつけたらよいのでしょうか?

 

台風や豪雨時に注意すべきポイント7つ

 

京都市嵯峨嵐山太秦産後骨盤矯正スピードを落とす

当たり前のことですがスピードが高くなるとスリップや

ハンドル操作を誤ってしまう確率が高くなります。

なにがあっても対応できるように出来るだけゆっくり走りましょう。

ほんの少しの時間差で事故を回避できることもあります。

 

鳴滝花園西院丸太町産後骨盤矯正あせらない

荒れた天気の中を運転するのはしんどいですよね。

不安になって早く帰ろうとあせってしまい

余裕のない運転になります。

 

京都市右京区北区常盤産後骨盤矯正水たまり

水たまりではなく、冠水 していているのかもしれません。

車は水深50~60cmでエンジンが止まる危険性があります。

そして水深が深くなると車のドアも開かなくなります。

命にかかわることなので、鉄道や道路の下をくぐる道路(アンダーパス)などは

冠水の危険性があるので避けましょう。

 

京都市右京区常盤産後骨盤矯正強風

車の側面から台風の風や突風などをくらうとハンドルがあおられたり

トラックなど車高が高い車は風速30~40m以上だと横転します。

特にトンネル出口や橋の上、ビル風の通り道などは要注意です。

また落下物や飛来物、看板、街路樹なども風で飛ばされたり倒れたりするかもしれません。

 

京都市右京区常盤産後骨盤矯正歩行者や自転車

豪雨や強風の中でも歩いたり走ったりしている人はいます。

豪雨の中では歩行者の姿が認識しにくかったり

歩行者も荒天のなかを歩いているときは車に対する注意が散漫になります。

不意な飛び出しや強風に飛ばされたりすることもあります。

ぶつかってから初めて歩行者に気がついたということもあるかもしれません。

いつも以上に注意しましょう。

 

京都市嵯峨嵐山太秦産後骨盤矯正ヘッドライトをつける

明るくてもライトを点灯しましょう。

対向車や歩行者に自分の位置を知らせることで

事故を防ぐ確率が上がります。

特に豪雨の中では視界は狭くなりがちです。

場合によってはフォグランプの点灯やハザードランプで走行中の位置を知らせましょう。

 

京都市右京区常盤産後骨盤矯正早めのブレーキ

 濡れた路面ではブレーキを踏んでからの制動距離が長くなります。

早めのブレーキングを心がけましょう。

冠水した道路を走った直後はブレーキが利きにくい場合があります。

ブレーキテストをして利き具合を確かめましょう。

 

また横断歩道やゼブラゾーンの白いペイント部分は雨の時には滑りやすくなっています。

バイクで右左折時に転倒したり、車で片輪だけペイント部に乗った状態で急ブレーキをかけたりすると片方だけブレーキが利いた状態になりスピンします。

 

 

一番いいのは台風や豪雨の時は乗らないことです。

car_rain

 

万が一事故にあった時に

お体事や困りごとがあれば

当院にご相談ください。

当院は交通事故専門院でもあり豊富な治療経験があります。

保育士も常駐しておりますので子供さんと来院していただけます。

また提携の弁護士もおりますので交通事故のトラブルがあれば

お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

治療メニュー

患者感想

電話

京都市右京区常盤