産後の恥骨痛の原因とは?


京都府京都市右京区太秦常盤接骨院整体院産後骨盤

こんにちは!京都市右京区太秦、産後骨盤矯正専門ときわ院です。

 

インフルエンザや風邪、胃腸炎が流行っています。みなさま大丈夫でしょうか?手洗い・うがいなどをこまめに、できるだけ予防したいですね。

今回は、妊婦さんの恥骨痛の原因や対策などお伝えします。

 

京都市嵯峨嵐山太秦産後骨盤矯正産後骨盤矯正産後の恥骨痛の痛みは、いつまで続くのか?

妊娠後期くらいから感じはじまることの多い恥骨痛。出産が終われば痛みもおさまるかと思いきや、産後も続くことが少なくありません。

ふとした動作の際に痛むと気が滅入りますよね。

症状によっては日常生活に支障も出てしまいますので、こうした痛みがいつまで続くのか気になるところです。

今回は恥骨痛についてお話しします。

 

恥骨痛が起きる原因とは?

京都市鳴滝西院花園産後骨盤矯正恥骨痛って?

妊娠後期から産後にかけて、恥骨痛を感じることがあります。恥骨とは骨盤の一部であり、おへそから下に向けて触っていくと股の上あたりで触れる骨のことです。

恥骨といっても、痛みはさまざまな場所にあらわれます。下腹部や会陰、腰、足の付け根、時には太ももや足に痛みが広がることもあります。

痛みの感じ方も人それぞれで、ズキズキ、ジンジンとした痛みや刺すような痛み、鈍痛やビリビリするような痛みなどを感じます。

痛みは、横になろうとする時や、仰向けから起き上がろうとする時、寝返りを打とうとする時などに感じます。ただ、症状がひどくなると、激痛が走り歩行困難に陥ることもあります。

 

京都市右京区北区常盤太秦産後骨盤矯正ホルモンによる影響

恥骨痛が起きる主な原因は、出産に備え骨盤がゆるむことにあります。妊娠中のママの身体の中では、リラキシンというホルモンがたくさん分泌されます。

リラキシンには、骨盤を締めている靭帯を緩める働きがあり、骨盤が開きます。これによって、お腹の中でどんどん大きくなていく赤ちゃんのスペースが確保できたり、出産の際に赤ちゃんがスムーズに出てこられるようになったりします。

ですが、骨盤の周りの靭帯は恥骨ともつながっていますので、リラキシンによって恥骨周りの靭帯も緩んでしまします。恥骨周りの靭帯が緩むと赤ちゃんの重みが恥骨にかかってしまうため、痛みを感じるのです。

また、骨盤周りの筋肉が緩むと恥骨や靭帯がゆがみ、痛みを感じることもあります。こうした骨盤や靭帯のゆがみは出産後はホルモンの分泌により、自然に閉じていくものなのですが、繋ぎ合わさる関節の部分にズレが生じることで痛みや不快感を生じさせます。

また、ゆがみによって骨盤が前に傾いてしまうことで、新たな痛みを発症することもあるといわれています。

img_sango_faqa01

京都市右京区北区常盤太秦産後骨盤矯正長く続く痛みは恥骨離開や恥骨炎かも?

恥骨は左右2つの骨からなり、これらは繊維の束で結ばれています。難産などにより繊維の束が裂ける恥骨離開になってしまうと、さらに激痛を感じたり、痛みが長引いたりすることがあります。

また、妊娠中は免疫力が低くなるため、繊維が炎症を起こしやすくなります。これを恥骨炎といい、この場合も痛みが長引きます。

 

産後の『恥骨痛』の改善方法は?

ときわ整体院では・・・

恥骨にズレが生じているところに、矯正をおこない元の位置関係に戻していきます。ズレを正す工程の中に、ご自身でも行える簡単なトレーニングもあります。

 

患者さんのお声をご紹介します。

『出産後、恥骨の痛みで歩くのが辛い状態でしたが、まっすぐ歩けるようになりました。

ありがとうございます。本当に通ってよかったです。これからもケアをお願いします。』

 

こちらの患者さんは、出産時に恥骨離開がありました。

産後からどの動作でも痛みが伴い、歩くことすらままならない状態でした。

産後の骨盤矯正を行い、骨盤がきれいに整った結果、無事に歩けるようになりました!

子どもの抱っこが出来たり、日常生活が普通に遅れるようになって、喜ばれていました。

 

産後の恥骨痛でお困りの方は、ぜひ当院にご相談くださいね。

 

育児やお身体の悩みがあれば当院にご相談ください。

保育士も常駐しておりますのでお子さんとご一緒にどうぞ。

お母さん達をスタッフが全力でサポートします。

 

治療メニュー

患者感想

電話

京都市右京区常盤