腱鞘炎の原因は?


yjimage

こんにちは!

京都市右京区太秦 嵐電ときわ駅から東へ歩いて30秒。

産後骨盤矯正専門ときわ整体院です。

 

梅が咲き、少しずつ春らしくなってきましたね。

しかし、風が冷たかったり、朝晩とは冷え込むので風邪など引かれませんように。

お出掛けの時は、脱ぎきしやすいカーディガンを1枚常備しておくと、よいかもしれませんね。

 

 

産後のママには、赤ちゃんのお世話や体の変化の影響で様々なトラブルが起こります。

特に多いのが、腱鞘炎による手首の痛みです。

初めて出産したママによく見られ、なかには赤ちゃんを抱っこ抱っこできないほどの痛みを感じることもあります。

最近、その発症には、女性ホルモンのバランスが関係していることがわかってきました。

今回は、育児に奮闘すママにむけて、産後の腱鞘炎の原因や、手首の痛いときの対策、治療などをご紹介します。

 

京都市嵯峨嵐山太秦産後骨盤矯正腱鞘炎とは?

京都市右京区太秦産後骨盤矯正整体院肩こり腰痛腱鞘炎

腱鞘炎は、手首にある腱と腱鞘という部位が激しく炎症を起こした状態をいいます。

指の付け根が痛む「ばね指」や手首の母子側が痛む「ドケルバン病」が知られています。

腱鞘炎は、手首の酷使が原因で発症します。

そのため、長時間パソコンを操作している人や、重いものを手首で支えるような仕事をしている人がなりやすい傾向にあります。

また、筋力に対して過度な力がかかってしまうと腱鞘炎になりやすいため、筋力の少ない女性ほど発症しやすいものです。

 

鳴滝花園西院丸太町産後骨盤矯正産後の腱鞘炎の原因は?

産後のママが腱鞘炎になりやすい理由は、赤ちゃんのお世話による手首の酷使です。

ママは毎日、赤ちゃんを長い時間抱っこしていますよね。生後2か月頃まで、授乳は1日に10回を超えるほど。

最初は赤ちゃんも上手におっぱいが飲めず、1回あたりの時間が長くかかってしまうことも、多いかもしれません。

さらに初めての出産の場合、ママが赤ちゃんを抱っこすること自体に慣れていないため、落とさないようにと無意識に力が入ってしまします。

この緊張によって、手首に余計に酷使してしまうのです。

抱っこ以外に、毎日のおむつ交換や沐浴なども、手首への大きな負担になります。

また、最近の研究では、高齢出産の初産婦さんが腱鞘炎になりやすい傾向にあるということがわかってきたようです。

そのなかでも、特に授乳から寝かしつけるまでの1回の平均所要時間が長い人や、全身の疲労感が強く、無理をしていると感じている人に起こりやすいようです。

 

 

京都市嵯峨嵐山太秦産後骨盤矯正産後骨盤矯正日頃から、下記のようなポイントの注意してみましょう京都市鳴滝西院花園産後骨盤矯正

・赤ちゃんを抱っこするときは腕全体で支え、できるだけママの体に近づける。

・授乳のときは、クッションやタオルなどを使用して支える。

・家事はパパや両親の助けを借りる。

・できるだけ字を書かない。

・食事は箸よりフォークやスプーンを使う。

・料理時は包丁ではなくピーラーなどの調理器具を使う。

・携帯電話やパソコンなどの操作を控える。

・重いものは持たない。

お子さんのお世話などで、なかなか難しいかもしれませんが、出来る範囲で上記のようなことに気を付けてください。

 

育児期に、肩や腕を痛めるママさんは多くいます。

また腱鞘炎を起こし、ここまで悪化すると家事や子育てに支障がでてきますよね。

当院の施術は、骨格だけでなくその周りを包む筋肉もアプローチします。

そのため、筋肉と骨格の両面から施術するので回復が早いのが特徴です。

骨格・骨盤を整えて、筋肉を柔軟な状態にすることができれば、痛みを解消するだけではなく、痛みの原因が根本的に改善されるので、健康な身体を手にいれることができます。

 

 

産後の体や育児のお悩みがあれば

当院にご相談ください。

保育士が常駐しておりますので、お子さんと

どうぞ。

スタッフが全力でサポートします。

 

治療メニュー

患者感想

電話

京都市右京区常盤