映画監督さんは肩に力が入ります!!その理由は・・・


th.篠原監督2

こんにちは京都市右京区常盤にあるときわ整体院の山下です!

 

太秦映画村からは徒歩10分ですが、最近来院された患者さんで太秦映画村の撮影所から患者さんが来院されました。

お困りごとは撮影の疲労で肩がしびれるのと、腰がだるいとの事でした。

東京の方でいつもは疲れがあると月2回ほどマッサージを受けられていたそうです。

 

今回も同じように疲労を回復しようとマッサージを受ける感覚で来院されたのですが、

実際身体の骨格、筋肉、神経、動作の検査をしてみると、単なる筋肉の問題だけではありませんでした。

原因はこの患者さんの生活習慣にありました。

良く聞くと映画監督のお仕事だそうで、撮影中は立ったり座ったりで、立った姿勢では身体を傾けたまま合図を出し、座った姿勢では猫背で前かがみになり、右腕で支持を出し、身体を緊張させて合図を出すなど、不良姿勢が1日中続いているようです。

 

検査の結果では左の骨盤が上方に上がり、右肩が下がり首が右に傾き、姿勢は猫背になっています。

要するに、生活習慣により偏った姿勢が続いたため骨格のゆがみが生じ、最終的に現在の症状が現れたものと考えられます。

 

本人は映画の撮影を成功させる為に身体のケアに来院されたつもりのでしたが、私からすると根本的に整える必要を感じたので、ゆがみを整える治療をする事にしました。

 

京都には1ヵ月間しかいられないとの事でしたが、撮影の合間をぬって来院してもらい、1ヶ月間出来る限りの施術を施しました。

 

結果、動作、ゆがみ、姿勢、自覚症状の改善が見られました。

1ヵ月の施術ではまだまだ歪みも不安定なのですが、本人の目的は、身体を整えて撮影を成功させたいとの事でしたので、その目的が身体を壊すことなく達成できた事は良かったなと思っています。

 

また京都に長期滞在される際は根本治療をされると良いですね。1ヵ月でもしっかり変化していますよ。

姿勢分析シート

本人も大満足です!!

姿勢が良いと力強さを感じますね!!

WEB用

私は治療の勉強と子育てに必死であまり映画を見ていないので最初気づきませんでしたが、

コチラの患者さんは日本ではとても有名な映画監督さん

篠原 哲雄さんでした!(笑)

私の家族は子供以外みんな知っています。

大変失礼いたしました。

 

篠原 哲雄さんは

現在2017年公開の映画

「花戦さ」

の撮影で京都に来られていたそうです。

内容はコチラをクリック↓↓

92303_400

凄い内容ですね・・・

キャストも豪華です。

私もどんな撮影現場だったのか、監督さんの気持ちになって映画を鑑賞し、今後の治療に活かしたいと考えています。

今思えば冷静に1人の患者さんとして診る事が出来て本当に良かったと感じています。

とても笑顔の素敵な篠原 哲雄さんでした。

 

今ご紹介した篠原さんのように、だるさや、しびれ等でお困りの方は一度ご相談ください!!

image015

その他のブログはコチラ