乳児のうつぶせ寝の問題とは?


art="保育士さんがいる整体院"

こんにちは!ときわ整体院の保育士田村です!

最近、ステキな方と出会えるよう神社へお詣りに行き、恋神籤を引きました。

結果末吉でしたがその後、友人から紹介が有り現在・・・そこはまあ(笑)

今後が楽しみです♪

写真 1

 

さて、当院にお子さんと一緒に来院される方が多くなり、

生後2ヶ月~5歳のお子さんがたくさん来られています。

お子さんをお預かりする際、お母さんと少しお話させていただくのですが、

「最近、寝返りができるようになったんです!」とよくお聞きします。

一般的には生後5か月からですが、当院に来られているお子さんで

早くて生後3ヶ月から寝返りが出来るようになったお子さんもいます!

しかし、寝返りができるようになると注意しなければいけないことはうつぶせ寝です!

うつぶせ寝は赤ちゃんにとって安心感を与えたり、夜泣きが少なくなるとも言われていますが、

うつぶせは胸が圧迫されるため呼吸ができなくなってしまうこともあります。

保育園などでも乳児さんのうつぶせ時には特に注意してみています。

そこで!うつぶせ寝をさせるときは、

・ふわふわな素材の毛布、布団を使わない

・顔のまわりにおしゃぶりやおもちゃを置かない

・呼吸ができているか時間を決めて確認をする

この3つに注意してお子さんをみてください。

当院では私保育士の田村が安全に配慮しうつぶせ寝はもちろんの事、

衛生面もしっかり管理していますので安心してお子様を連れていらしてくださいね。

image003

image005